赤外線写真

フルスペクトラム写真の色合いを見てみる

同人誌イベントで赤外線写真の改造本を頒布していましたら、次のような質問を受けました。

ローパスフィルタを外し、赤外線フィルタを付けないで撮影した場合、どのような画になりますか?

フルスペクトラムの写真はこうなる

物は試しということで、さっそく改造デジカメ「キヤノン IXY DIGITAL 900IS」を使って実験した写真を掲載します。

フルスペクトラムの写真

ご覧の通り、緑の木々や草が赤茶色に染まっています。(紅葉ではありません)

いまこれを書きながら「ピント補正だけはやっておけばよかった」と思いましたが、とりあえず、色はこうなるということでご覧ください。

この写真は、呼ぶとすれば「フルスペクトラム」とでも言うのでしょう。紫外線・可視光・赤外線がすべて感光したら、おおむねどのカメラでもこの色合いになるようです。

Visited 13 times, 1 visit(s) today

主に無機物を赤外線写真で撮ってみた前のページ

Illustrator のテキストリンクを使うと、InDesign で中央揃えできない次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP