最後の歯車式計算機クルタ

クルト・ヘルツシュタルク氏
インタビュー


1970年代まで生産され続けた計算機は、ナチスの収容所で生まれた!

煙草の箱を置いてくれた。この時は全てが終わったなと覚悟した。それは、絶対に犯してはならない禁止事項だったからだ。

この同人誌は、サークル「ピッチブレンド」が発行したものです(東内は装丁で参加しました)。

電気をつかわず歯車などの機構だけで、四則計算のみならず、ルート計算をも行える「クルタ計算機」。これまで日本語訳されていなかったクルト・ヘルツシュタルクへのインタビュー全文を、4年がかりで翻訳しました。

開発者の素顔とは? 「クルタ計算機」の名前の由来は? なぜオーストリア出身のユダヤ人が、小国リヒテンシュタインで製造したのか? いくらで販売されていたのか? どうしてナチスの強制収容所で生まれたのか? 当時のヨーロッパ情勢を別の視点から眺められる、数奇な「計算機の運命」がいよいよ日本語で公開です。

インタビューの他に、クルタ計算機の概要を図解するページや、計算機まわりの年表を追加した貴重な資料になりました。

  • クルタ計算機開発の様々なエピソード
  • ヨーロッパ計算機ビジネスの実情
  • ナチスのブーフェンバルト強制収容所における、囚人・ドイツ人との微妙な関係
  • 晩年のクルト・ヘルツシュタルク氏(設計者)にインタビューした内容、日本語訳全文
  • クルト・ヘルツシュタルク氏に関する年表

おもに同人誌即売会で頒布しております。イベントに足を運べない方は、お問い合わせフォームから通販についてお訊ね下さい。また、発行元のピッチブレンドでも通販を受け付けています。

取扱内容

クルタ計算機、使用方法、四則演算、Your CURTA calculator

  • 著者:アーウィン・トーマッシュ(ミネソタ大学)
  • 翻訳:gotcha
  • 発行:ピッチブレンド

≪頒布物リストに戻る

最後の歯車式計算機クルタ クルト・ヘルツシュタルク氏インタビュー※写真クリックで拡大クルタ計算機の動作概要クルタ計算機への引き算機能の実装は「補数を加算」で実現しました。

Visited 16 times, 1 visit(s) today
PAGE TOP